すずらん耳鼻咽喉科は、耳鼻咽喉科疾患はもちろんのこと、
とくに「アレルギー科」「小児耳鼻咽喉科」の診断と治療に力をいれています。

すずらん耳鼻咽喉科 院長

Schedule診療時間詳細

診療時間
9:30~12:30
14:00~17:00
  • 受付は平日午前9:00~12:30、午後14:00~17:00です。
  • 木・日曜日および祝日は休診日です。
  • 土曜日の診療時間は9:00~12:00、受付は8:30~12:00です。

News&Informationお知らせ一覧

2020.11.23

37.5度以上の発熱がある方
・37.5度以上の発熱がある方は発熱外来の受診をおすすめ致します。
発熱外来や帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安は以下のとおりです。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状、解熱剤などを飲み続けなければならない強い症状の方
・重症化しやすい方(※)で発熱や咳などの比較的軽い症状のある方
(※)高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患)がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合
(厚生労働省HP、新型コロナウイルス、相談・受診の目安より)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html


【新型コロナウイルス感染に関する相談窓口】
・北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター
0800-222-0018(フリーコール) 開設時間 24時間
・厚生労働省電話相談窓口
0120-565653(フリーダイヤル) 9:00~21:00 (土日祝も含む)


当院での対応
・大変申し訳ありませんが、当院では新型コロナウイルスの診断・検査に対応しておりません。
・37.5度以上の発熱があり、当院の受診を希望される場合は、基本的に診察時もマスクを外さずに対応させていただきます。
・受付後、診察の順番まで車で待っていただきます。
・耳の痛みなど中耳炎が疑われる場合、マスクを外さずに耳のみの診察になります。
・顔の痛みをともなう鼻汁など副鼻腔炎(蓄膿)疑いの方は、マスクを外さずに診察前にレントゲンを撮影させていただきます。診察時もマスクを外さないでください。
・激しいのどの痛みなど扁桃炎や喉頭炎疑いの方は、マスクを外さずに診察前にレントゲンを撮影させていただきます。診察時もマスクを外さないでください。
・今シーズン(2020-21年)は当院ではインフルエンザの迅速検査を行っておりません。

すずらん耳鼻咽喉科
院長 佐藤 純 拝

2020.11.03

デュピクセントについて〜鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎〜

 

・当院ではデュピクセントを用いて、鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎に対する治療を行っております。

 

<デュピクセントとは>

・デュピクセントは新規に開発された生物学的製剤で、注射薬です。

・今までにない新しい薬です。アレルギーに関係するサイトカイン(IL-4とIL-13)という物質を抑え、アレルギー反応を抑える働きがあります。それにより、鼻茸を伴う副鼻腔炎を改善します。

・耳鼻咽喉科では、今年2020年から使用することができるようになりました。

・アレルギーと耳鼻咽喉科の専門的な知識が必要とされる薬剤です。

 

<デュピクセントを使える病気>

・鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎を持つ患者さんで、特に手術をしても鼻茸が再発をしたり、ステロイド内服や点滴でも効果がない方が対象になります。

・デュピクセント対象となる患者さんのほとんどは、好酸球性副鼻腔炎です。簡単に言うとアレルギーが引き起こす、慢性副鼻腔炎の中でも特殊なタイプです。

・好酸球性副鼻腔炎は厚生労働省の難病指定を受けることも多いため、開始前にご相談が必要です。難病指定の申請にはお時間がかかることが予想されます。

・デュピクセントは高額な薬剤です。しかし多くの場合、難病指定を受けるとデュピクセントの自己負担額が軽減されます。

 

<院長と生物学的製剤>

・院長はアレルギーの生物学的製剤を中心に研究しておりました。CTLA4-Ig、ICOS-Igという生物学的製剤を研究し、医学論文を書いております。院長の主な筆頭論文は下記1-4になります。

・下記論文の1と2は学位論文です。院長は生物学的製剤で医学博士をとっております。

・デュピクセントは、主にアレルギーがある特殊な副鼻腔炎に対する治療です。院長は耳鼻咽喉科専門医であり、アレルギー専門医です。手術しても鼻茸を再発して、なかなか治らない方など、お困りの方はまずご相談ください。

 

<生物学的製剤に関する、院長の主な論文>

(その他論文は院長挨拶・経歴をご参照ください)

1. Suppressive effects of CTLA4-Ig on nasal allergic reactions in presensitized murine model.
Sato J, Asakura K, Murakami M, Uede T, Kataura A.
Life Sci. 1999;64(9):785-95.

2. Topical CTLA4-Ig suppresses ongoing mucosal immune response in presensitized murine model of allergic rhinitis.
Sato J, Asakura K, Murakami M, Uede T, Kataura A.
Int Arch Allergy Immunol. 1999 Jul;119(3):197-204.

3. Adenovirus-Mediated ICOSIg Gene Therapy in a Presensitized Murine Model of Allergic Rhinitis.
Sato J, Konno N, Murakami M, Uede T, Himi T.
Adv Otorhinolaryngol. 2016;77:59-66.

4. 抗原提示細胞とT細胞の補助シグナル
Author:佐藤 純(すずらん耳鼻咽喉科)
Source:上気道炎症における鼻粘膜の役割, 2012, pp277-283

 

<デュピクセント公式ページ>

 

 

 

サノフィのホームページにも詳細が載っております。クリックするとサノフィのホームページに飛びます。

 

 

2020.10.01

2020-21年インフルエンザ予防接種中止のお知らせ(再掲)

 

大変ご迷惑をおかけしますが、諸般の事情により、当院での

2020−21年インフルエンザ予防接種は中止

とさせていただきます。

誠に申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

 

すずらん耳鼻咽喉科 院長 佐藤 純 

2020.09.06

いつも皆さん、ありがとうございます。

●新型コロナウイルス感染症対策で、受付開始前は受付番号をお持ちいただいております。受付開始時間(午前:平日9時・土曜日8時30分、午後:14時)まで、お車や風除室でお待ちいただくことができます。受付の際、受付番号を事務にお渡しください。受診される患者様がいらっしゃらないと、受付ができませんので、ご注意ください。

●当院は予約制ではありません。受付された患者様を順番にお呼びしていきます。

●新型コロナウイルス感染症対策として待ち時間が長い場合、ご希望の方はお車でお待ちいただくことも可能です。ご希望される方は事務員にひと声お掛けください。お車でお待ちいただけるか確認いたします。

●待ち時間が長く生じる場合は受付事務員がお伝えした時間までに戻って頂くようお願い致します。お伝えした時間に戻れない場合や、お呼びしてもいらっしゃらない場合は、再度受付となります。前もっての受付はできませんのでご注意下さい。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

※混み合っている場合は事務員がお伝えした時間に戻られても診察の進み具合によって、待ち時間が長く生じることがありますので、ご了承ください。

 

すずらん耳鼻咽喉科 院長 佐藤 純

2020.06.04

新しい聴力検査、ABR(聴性脳幹反応)が当院に導入されました。

 

2020年1月末、当院にABRが導入されました。

ABRは、簡単に言うと脳波で聞こえの検査ができる機械です。検診のように聞こえた音をボタンで押さなくていいので、小さな子供の難聴の診断に欠かせません。

昔は脳波を取るためには、睡眠薬で眠らせなくてはいけなかったのですが、今回当院に導入した機械は起きたままでも脳波をはかれるものになっています。

ABRは大きな総合病院にあることが多く、クリニックでほとんど導入されていません。今回当院では小児難聴の診断に欠かせないABRを導入することで、より正確な診療を行えるようになりました。

■ ■ ■

新生児聴覚スクリーニングといって、OAEやAABRという生まれたばかりの赤ちゃんに行う検査があります。

赤ちゃんの1,000人に4-5人が新生児聴覚スクリーニングで要検査になります。要検査の方の全員が難聴になっているわけではありません。1,000人に一人の割合で両耳の難聴が見つかります。

新生児聴覚スクリーニングでOAEやAABRを行い、要検査になった場合はたとえ片側のみであっても精密検査としてABRを行わなくてはいけません。小児難聴は早期診断がとても大事です。

■ ■ ■

起きたままできるABRといっても、体の動きがあると上手く取れません。家族の方に抱っこしてもらったり、おとなしく本を読んでいる状態だときれいに検査できます。でも大暴れしたり、泣いたりしている状態だと脳波より筋肉の電気信号のほうが大きくなり、上手く検査ができない場合があります。

検査の時間が40-60分かかるため、一度来院されて患者さんご本人が受診してもらい、いつ検査するかご相談させてもらいます。

赤ちゃんの難聴が疑われる場合、本当に難聴のこともあれば、中耳炎になっていたり耳垢がたまっていたり、さまざまな原因が考えられます。できるだけ早く、専門的な対応ができるところでご相談をおすすめいたします。

当院院長は小児耳鼻咽喉科学会および日本聴覚医学会に所属しており、補聴器相談医です。札幌医科大学ではABRの解析を3年間行っておりました。小児難聴に関して気になる点がございましたら、お気軽にご相談していただけましたら幸いです。

 

すずらん耳鼻咽喉科

院長 佐藤 純

過去のお知らせ

BLOGすずらん耳鼻咽喉科ブログ一覧

2020.11.23
37.5度以上の発熱がある方の受診について
2020.11.03
デュピクセントについて〜鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎〜
2020.09.14
2020-21年インフルエンザ予防接種中止のお知らせ
2020.09.05
秋のキク科花粉症が始まっています
2020.07.06
夏のイネ科花粉症にご注意を

過去のブログ